山手学院中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問6~7問で、Ⅰが計算、Ⅱが小問、Ⅲ以降は応用問題の構成です。全体として難度は易しめですが量が多いことが特徴で、計算スピードと正確さが問われる問題です。応用問題は「特殊算」「図形」の出題頻度が高く、その他では「速さ」「割合と比」等の出題が多く見られます。
国語 50分
100点
例年長文読解2問の構成で、漢字や知識問題は長文中に含まれます。長文は物語文・随筆から1問、説明文が1問出題されます。扱われる文章がかなり長いことが特徴的です。形式は記号選択中心ですが、60字程度の記述の出題も見られます。近年記述式のウェイトが高くなる傾向にあります。
理科 40分
80点
大問5問前後で各分野よりまんべんなく出題されています。Ⅰが各分野の小問総合形式になっています。問題自体は典型的なものが多いですが、図表やグラフが多く取り入れられていて、見た目にもボリュームのある問題になっています。設問形式は選択式や語句・数値記入に計算問題や簡単な理由記述も出題されます。
社会 40分
80点
大問4問前後で、各分野からまんべんなく出題されています。年度によっては各分野の融合問題が出題されることもあります。政治分野では国際関係に関する出題が目立つことが特徴的です。図表やグラフ、文章の量が多いことも特徴です。形式は記号選択、語句の記入が大半です。

山手学院中合格へのポイントは?

算数はボリュームのある問題設定 スピードと処理能力がポイント

山手学院中の算数は、計算小問に応用問題が5問という問題構成で、ボリュームのある問題設定になっています。幅広い単元から出題されていて、「N進法」「約束記号」といったあまり見られないような問題の出題もあります。問題自体は典型題中心で、難度も標準的なものなので、計算と処理スピードが重要になります。また苦手な単元等は早めに克服しておく必要もあります。

国語は長い文章への慣れと記述対策を

山手学院中の国語は、扱われる文章がかなり長いことが特徴的です。長い文章を通して、説明文では論理の流れを正確につかむこと、物語文では心情の正確な読み取りが問われています。また近年記述式の設問も増加傾向にあるので、事前に対策をしておいたほうがよいでしょう。

学校情報

学校名(かな)山手学院中学校・高等学校(やまてがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町460 045-891-2111)
ホームページhttp://www.yamate-gakuin.ac.jp

学校情報の詳細はこちら