早稲田実業学校中等部

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 60分
100点
例年大問5問の設定で Ⅰ、Ⅱは計算と小問、その後は応用問題で、「立体図形」「規則性」等のかなり難度の高いものが出題されます。全体の難度は共学校でも随一といってよいものです。応用問題の「立体図形」は、切断、折り曲げ、展開図等典型パターンで処理できないもので難度が高く、空間把握力が必要なものになっています。
国語 60分
100点
大問2~3問で、物語文と論説・説明文の出題です。物語文はかなりの長文で、「子供向けではない」ような文章が扱われます。記述式の設問はほとんどありません。記号選択、空欄補充、抜き出しの形式で、心情の読み取り中心に文脈、指示語等に関して高度な読解力を要求される説問になっています。文法、言葉の知識等語彙の問題もよく出題されています。
理科 30分
50点
大問3~4問で4分野から偏りなく出題されていますが、物理分野は毎年出題があります。問題テーマ自体の難度はさほど高くはないのですが、幅広い知識と筋道を立てて考えていく理科的な思考が必要とされます。形式は選択肢と語句記入がほとんどです。環境問題を扱った出題が多いことも特徴的です。
社会 30分
50点
大問3~4問で地理・歴史分野からの出題が多く、公民分野からの出題は比較的少ないです。資料を多用した問題が多い傾向にあります。基礎的な知識を問うものが多いですが、問題数が多いので、スピードと正確性が必要です。時事問題の出題も多く見られます。形式的には選択肢と語句の記入が大半を占めます。

早稲田実業中合格へのポイントは?

算数の難度の高さは首都圏有数 合否の分かれ目に

共学校の算数の問題は、女子の受験生の存在ゆえにさほど難度は高くないのが通常ですが、早稲田実業中の算数は男子進学校にも引けを取らない難しいものであるといえます。頻出の立体図形をはじめとして、パターンのみでは対応できないものが出題され、得点にかなりの差がつく箇所になっています。また解く過程での計算力も高度なものが必要とされています。早稲田実業中の合否の決め手は算数にあると言ってよいでしょう。

算数は思考力、センスを養うために、難問に数多く当たってみることが必要

早稲田実業中の算数の大問は通常のテキストでは学べないような、深い思考力・推理力を問われるものです。対策としては、男子難関校や関西圏の難関中の入試問題から、図形を中心として、場合の数、規則性、推理等の難問を数多く当たってみることが有効です。たとえ解けなかったとしても、解き方を考える過程の中で、必要な思考力と新しいテクニックが身につきます。

国語は「大人の文章」への対応力をつけることが必要

早稲田実業中の国語は、記述式の問題は出ませんが、文章自体がかなり長く、内容的にも「大人向け」の文章が扱われることが多いです。物語文では小学生には理解しにくい話の設定、論説文では難解な語句にとまどいを感じてしまうことも多く、得点に大きく差がついてしまうことが多いようです。普段から難しめの文章に触れておくことで免疫をつけておく必要があります。語句に関してもわからないものは必ず辞書を引く等の努力も怠らないことです。

理科の難度もやや高く注意が必要

計算問題や実験・観察を基にした設問などにやや難度の高いものが出題されます。単なる知識のみでは対応できない、知識を結び付けて考えていくような、科学的な思考力が要求されています。理科を苦手にしているお子さんにとっては時間の問題もあり、厳しい問題であるといえましょう。配点比率は低いのですが、意外に差のつく科目であると言えます。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)早稲田実業学校中等部(わせだじつぎょうがっこうちゅうとうぶ)
住所(電話)〒185-8505 東京都国分寺市本町1-2-1 042-300-2121)
ホームページhttps://www.wasedajg.ed.jp/introduction/s.html

学校情報の詳細はこちら