渋谷教育学園渋谷中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問4~5問の設定です。Ⅰは計算、一行問題、Ⅱ以降が応用問題のパターンです。単元的には「速さ」や「数の性質」「特殊算」「食塩水の濃度」が頻出です。一行問題でもやや込み入った内容のものが多いです。「図形」が大きなウェイトを占めていて、難度も他の分野に比べて高いです。グラフに関する出題も多い傾向にあります。途中の計算が複雑なものが多いのも特徴です。
国語 50分
100点
例年大問2問、物語文と説明・論説文の出題パターンです。漢字も10問程度出題されます。近年記述式の設問が増える傾向にあります。記述は字数指定が細かく、10字幅で設定されるもので、注意を要します。物語文は比較的読みやすいものが多いですが、論説、説明文の題材が抽象的な内容のものが多いことも特徴的です。
理科 30分
50点
大問3問の構成で、4分野の中から3題出題されます。実験・観察を基に分析を行って、筋道を立てて考えていく必要がある問題が多く、難度の高いものといえます。実験や観察もテキストに載っていないようなものが多く、身近な自然現象などに日頃から関心を持って考える習慣が必要です。
社会 30分
50点
例年大問3問の設定です。時間の割に問題数が多いことが特徴的です。近年は記述式の設問が増えてきています。最近のニュースや新聞記事などをテーマにした出題が目立つことも特徴の一つといえます。現在の社会問題や世界情勢に普段から関心を持って、読んだり調べたりしておくことが必要です。

渋谷教育学園渋谷中合格へのポイントは?

算数の問題難度は男子校並みのレベルで差がつきやすい

近年大学進学実績を飛躍的に伸ばしている渋渋は人気も高く、応募者も年々増加傾向にあります。特に女子の倍率は高く、厳しい入試になっているようです。渋渋の算数は、問題の難度も男子難関進学校並みに高く、女子にはつらいものになっています。合格者平均点も5割を下回ることもあり、得点にかなりの差がつく科目であるといえます。問題の取捨選択が合否の鍵を握っているようです。

本格的な内容の理社、知識のみではない総合力が問われる

渋渋の理社は、男子難関校並みの本格的な問題が出題されます。知識の暗記だけでは対応できない思考力、総合力が問われます。普段から理科、社会に興味と関心を持って考える習慣をつけ、事象の原因と結果をきちんと結び付けて覚えておくことが重要となります。系列の渋幕中や海城中等の類似傾向の過去問をやっておくことも有効な手段です。

国語は記述と難解な文章対策を

渋渋の国語は、字数指定の細かい記述が特徴的です。単に書いてまとめるだけでなく制限字数に収める訓練をしておく必要があります。また説明・論説文は抽象的なテーマを扱った文章が多い傾向にあるので、宗教や哲学といった小学生にとっては難しいテーマの文章に触れておくことも有効です。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)渋谷教育学園渋谷中学高等学校(しぶやきょういくがくえん しぶやちゅうがくこうとうがっこう)
住所(電話)〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-21-18 03-3400-6363)
ホームページhttps://www.shibushibu.jp/

学校情報の詳細はこちら