麗澤中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問6問前後で、Ⅰ、Ⅱが計算と小問、後半は応用問題の構成です。計算では単位の計算が出題されます。応用問題では「図形」の出題が多く、求積、移動、水槽問題等多彩なパターンがあります。グラフの作図問題も頻出しています。内容的には基本的なものが多く、難度は易しめです。
国語 50分
100点
長文読解2問と絵を見て答えさせる独特の問題1問のパターンです。長文は物語文1問、説明文1問の出題になっています。漢字や知識問題は長文中に含まれます。設問は記号選択、書き抜き中心ですが、内容を要約する記述問題も見られます。絵を見て答えるものはキャッチコピーを考えさせるユニークなものです。
理科 30分
50点
大問4~5問で各分野よりまんべんなく出題されています。環境に関する出題が多い傾向にあります。設問形式は選択式や語句記入が大半ですが、グラフの作図や計算問題、記述もみられます。基本的な内容中心で全体的な難度は標準的なものといえます。
社会 30分
50点
大問4~5問で、各分野よりバランスよく出題されています。環境問題や時事問題の出題も目立ちます。基本的な内容を問う問題です。形式は記号選択・語句の記入がほとんどですが、問題数が多く、解答スピードが要求されます。

麗澤中合格へのポイントは?

算数は問題数が多くスピードが鍵を握る

麗澤中の算数の問題は、計算小問8問に応用問題4問のパターンになっていて、やや量が多いことが特徴です。難度は標準的ですが、幅広い分野から出題されていて、少しひねった問題も多く見られます。前半部分を以下にスムーズに進めて得点できるかどうかのスピードが必要な問題です。

国語は絵を見て答える問題への対策を

麗澤中の国語は、最後に絵を見て答える問題の出題が大きな特徴です。絵や文章からの情報をしっかりと読み取り、自分の力で表現する問題で、作文力も必要なもので独自の対策が必要なものになっています。

学校情報

学校名(かな)麗澤中学・高等学校(れいたくちゅうがく・こうとうがっこう)
住所(電話)〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 04-7173-3700)
ホームページhttps://www.hs.reitaku.jp

学校情報の詳細はこちら