日本大学藤沢中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問6問前後の設定で、Ⅰが計算、Ⅱが小問、以降が応用問題という構成です。小問は「特殊算」の出題が多いです。応用問題は「図形」「場合の数」等の出題で、「図形」は平面、立体両方出題されます。問題数が多いですが、難度は標準的なものといえます。
国語 50分
100点
例年大問3問で、漢字と知識問題に物語文、説明文の長文が1問ずつの構成です。知識問題は漢字の部首、ことわざ・慣用句、文法と多彩な出題があります。長文は標準的な内容で、設問も記号選択、抜き出し中心で記述は少なめです。
理科 30分
60点
大問5問で4分野から1問ずつ出題されています。最初に各分野の小問集合問題が出題されます。設問は記号選択、語句の記入が中心ですが、計算問題も見られます。内容は教科書レベルより少し上といったところで、問題数も少なく難度は易しめのものといえます。
社会 30分
60点
大問4問の設定で、各分野からまんべんなく出題されています。地図やグラフを用いた問題が多いことが特徴です。地元神奈川県に絡めた出題も見られます。解答形式は記号選択、語句記入が中心です。総問数が約40問と量が多いことも特徴的です。

日本大学藤沢中合格へのポイントは?

算数は計算小問がポイント 特殊算のパターン演習を

日本大学藤沢中の算数は、小問に「特殊算」の出題が多いことが特徴的です。内容はいずれもテキストの基本問題レベルで易しめの問題です。応用問題でも「特殊算」の出題が見られるので、典型的なパターンをしっかりと身につけておくことが重要です。

国語は知識問題対策がポイント

日本大学藤沢中の国語は、知識問題の出題に特徴があります。ことわざ・慣用句はやや難しいものが出題されていて注意を要します。文法問題も頻出で、品詞の用法の識別や言葉の使い方の正誤など細かい内容が取り上げられます。長文問題はオーソドックスな内容なので、知識問題の出来は重要なポイントといえます。

学校情報

学校名(かな)日本大学藤沢中学校(にほんだいがくふじさわちゅうがっこう)
住所(電話)〒252-8505 神奈川県藤沢市亀井野1866番地 0466-81-0125)
ホームページhttps://www.fujisawa.hs.nihon-u.ac.jp

学校情報の詳細はこちら