慶應義塾湘南藤沢中等部

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 45分
100点
例年大問6問の設定です。Ⅰ、Ⅱは計算と小問、Ⅲ以降が応用問題となっています。単元的には「相似」「数の性質」「規則性」「速さ」が頻出しています。他の慶應付属校に比べて問題の難度はやや高めであるといえます。途中の過程が面倒なものや、2つ以上の単元が組み合わさった複雑な問題も見られます。問題量も多く、スピードと処理能力も要求されます。
国語 45分
100点
例年大問4問の設定です。Ⅰは知識問題、Ⅱ,Ⅲに長文、Ⅳが自由記述という形式です。Ⅳの自由記述問題が大きな特徴といえます。100字程度で、与えられた図や絵を文章で説明したり、詩のイメージを表現したりするもので、特別な対策が必要となります。長文の文章量も多く、高度な読解力と表現力が問われます。
理科 25分
50点
大問4、5問の設定で4分野からバランスよく出題されています。形式は記号選択が中心ですが理由を記述する出題もあります。記号選択は複数を選ぶ問題などやや紛らわしい問題が多く注意を要します。実験・観察に基づいた出題が多く、単なる知識の詰め込みではない「科学的な思考力」が問われます。
社会 25分
50点
大問6~7問の設定です。分野的なバラつきは少ないですが、地理・歴史の比重がやや高いです。設問形式に特徴的なものが目立ちます。地理は地形図やグラフの読み取り、歴史では与えられた短文から人物や出来事を読み取ったりする問題が多く出題されます。公民は例年時事問題を基にした出題がなされています。

慶應湘南藤沢中合格へのポイントは?

他の慶應附属とやや異なる出題傾向に注意

附属校ならではの「速読即解」型の典型的な入試問題スタイルですが、中等部に比べるとやや高度な思考力が必要な問題です。算数では「規則性」や「速さ」「図形」に特徴的な出題が見られ、パターンのみでは対応できない思考力、応用力が必要です。国語でも「自由記述問題」に独自性があって、中等部との差別化を図るものになっているようです。また、女子の受験者レベルは相当高いものがあり、算数の出来が合否に大きく影響するようです。

算数は頻出単元中心に応用問題の対策を

慶應湘南藤沢中の算数は、同系列の中等部の問題傾向とやや異なります。「図形」「規則性」にやや高度な応用問題が出題され、得点に差のつくものになっています。もちろん問題量も多いので、スピードと正確性も必要なことは言うまでもありませんが、算数が得意なお子さんはより高得点を目指し、頻出単元の応用力強化を行うことは合格への有効な手段といえます。

理社は時間との勝負、スピードと正確な知識が必要

中等部と異なり理社の配点は算国の半分ですが、問題のボリュームには差がありません。かなりのスピードが必要な問題です。記号選択問題でも、正確な知識がないとすぐに判断できないような出題がなされています。また、普段から理科・社会に興味を持っているタイプ、例えば図鑑や年表を読むのが好きなお子さんに有利な問題になっているともいえます。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部(けいおうぎじゅくしょうなんふじさわちゅうとうぶ・こうとうぶ)
住所(電話)〒252-0816 神奈川県藤沢市遠藤5466 0466-49-3585)
ホームページhttps://www.sfc-js.keio.ac.jp/

学校情報の詳細はこちら