広尾学園中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分・医進のみ50分
100点
大問6問程度で、Ⅰが計算、Ⅱが小問、Ⅲ以降は応用問題の構成です。計算小問は標準的な難度ですが、ややひねりのある問題が多いです。応用問題は思考力が必要なやや難度の高い出題が目立ちます。頻出単元は「特殊算」「規則性」「数の性質」等で、近年は「推理算」の出題が多く見られます。
国語 50分・医進のみ30分
100点・医進のみ50点
例年長文読解2問と漢字、言葉の知識問題の構成です。長文は物語文から1問、説明文が1問ずつ出題されます。形式は記号選択中心ですが、50~150字の記述の出題も近年増えています。難度は高くはありませんが、選択肢が紛らわしいものが多く、丁寧な読み取りが必要なもので注意を要します。
理科 30分・医進のみ50分
50点・医進のみ100点
大問4問で各分野より均等に出題されています。設問形式は選択式や語句・数値記入がほとんどですが、計算問題や簡単な理由記述も出題されます。実験や観察を基にした問題が多く、自分で考えて記述したり、計算したりするような思考力が必要なものも見られます。
社会 30分・医進のみ30分
50点
大問3~4問で、各分野からまんべんなく出題されています。日本国内のことだけでなく、世界に目を向けた出題が多いことが特徴的です。政治分野では時事問題に絡めた出題が目立ちます。テキストには載っていないような知識が多く、難度はやや高めといえます。

広尾学園中学校合格へのポイントは?

算数は問題難度の上昇傾向に注意

森村学園中の算数は、計算小問10題に応用大問4問のボリュームのある問題になっています。内容も図形や速さの分野は設定が工夫された思考力を要する問題が出題されていて、得点差がつきやすい科目になっています。標準的なものと難度の高いものが入り混じっていて、問題の取捨選択能力も重要なポイントになります。今後は問題難度の上昇が予想されることも注意を要します。

国語は字数指定の細かい記述が鍵

森村学園中の国語は、記述の比重が高いことが特徴的です。字数指定が10字幅と細かく設定されていて、慣れていないとかなりやりにくさを感じるものです。表現力も含めて、過去問対策では十分な記述対策を行う必要があります。

理社も独自性の高い出題 問題量も多く、スピードも必要

森村学園中の理社は、40分の比較的長い制限時間もあって、かなりボリュームのある問題になっています。基本的な内容ですが、設定が工夫されていて、しっかりとした理解と思考力も問われます。問題数も多く、スピードも必要なハイレベルな問題といえます。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)広尾学園中学校(ひろおがくえんちゅうがっこう)
住所(電話)〒106-0047 東京都港区南麻布5-1-14 03-3444-7272)
ホームページhttps://www.hiroogakuen.ed.jp

学校情報の詳細はこちら