浦和実業学園中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分・標準算数30分・応用算数50分
100点・標準算数50点・応用算数100点
大問5~6問で、Ⅰが計算、Ⅱが小問、以降が応用問題の構成です。小問では「比と割合」「特殊算」等の出題が多く、応用問題では「図形」「速さとグラフ」「数の性質」の出題が頻出しています。全体の難度は標準的ですが、「図形」分野はやや思考力を要する問題も見られます。
国語 50分・標準国語30分・応用国語50分
100点・標準国語50点・応用国語100点
漢字と語句、文法等の知識問題に長文読解2問というパターンです。長文は物語文1問、説明文1問の出題になっています。文章はやや長めのものが取り上げられています。設問は記号選択中心に、書き抜き、30~60字の記述も見られます。難度は標準的ですが、問題量が多いことが特徴です。
理科 30分
50点
大問4問前後で各分野よりまんべんなく出題されています。1問目に各分野の正誤判定問題が出題されます。実験や観察を基にした出題が多く、図や資料が多用されています。設問形式は選択式や語句記入が中心ですが、1,2行の記述や計算問題も見られます。計算問題では式の記入が必要なものもあります。
社会 30分
50点
大問3問で、各分野よりバランスよく出題されていますが地理・歴史分野の比重がやや高めです。特定の地域や時代に焦点を当てた出題が多いことが特徴です。各分野とも時事を絡めた出題も多く見られます。設問は記号選択、語句の記入に、指定語句を用いた記述問題の出題もあります。

浦和実業学園中合格へのポイントは?

算数は計算一行問題がポイント

浦和実業学園中の算数は、一行計算問題のウェイトが50点近くとかなり高いことが特徴です。計算問題も多めに出題されていて、重要性が高いものになっています。例年合格ラインが6割以上になる中で、一行計算で40点取れれば、残りの応用題は半分正解で合格ラインに到達することができます。スピードも重要ですが、ケアレスミスが怖いので、確実に全問正解できるようにしたいところです。

国語は問題量が多い 読解のスピードと総合力勝負

浦和実業学園中の国語は、漢字をはじめとした知識問題に長文2問の構成で、問題文の長さからもかなりボリュームのあるものになっています。設問も記述を含めて多彩な出題がされていて読解のスピードと国語の総合力が必要な問題といえます。説明文ではやや論理構成が複雑なものが出題されていることにも要注意です。

学校情報

学校名(かな)浦和実業学園中学校・高等学校(うらわじつぎょうがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3-9-1 048-861-6131)
ホームページhttp://www.urajitsu.ed.jp/jh/

学校情報の詳細はこちら