大宮開成中学校の入試傾向と対策

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
例年大問7問で、1題5点で20題というパターンで一定しています。Ⅰが計算、Ⅱが小問、以降が応用問題の構成です。小問では「比と割合」「特殊算」等の出題が多く、応用問題では「図形」「速さに関する特殊算」の出題が多い傾向にあります。典型題中心の出題で、難度も標準的なものといえます。
国語 50分
100点
漢字と語句、文法等の知識問題に長文読解2問というパターンです。長文は物語文1問、説明文1問の出題になっています。設問は記号選択中心に、適語と適文の書き抜きが多くを占めますが、文章中の言葉を使った記述問題なども出題されます。内容的にはオーソドックスなもので、難度も標準的なものといえます。
理科 30分
50点
大問5問程度で各分野よりまんべんなく出題されています。実験や観察を基にした出題が多く、実験の方法を問う出題も見られます。設問形式は選択式や語句記入が大半ですが、説明記述や物理分野では計算問題も見られます。全体的な難度は標準的なものといえます。
社会 30分
50点
大問5~8問で、各分野よりバランスよく出題されています。50~60字程度で「地球温暖化」や「ねじれ国会」等といった時事的なテーマに関する用語の説明をする論述問題が出題されることが大きな特徴です。大問数が多く、幅広い範囲の知識が問われることも特徴です。

大宮開成中合格へのポイントは?

算数の出来が合否の分かれ目に ミスが命取りに

大宮開成中の算数の問題は、1問5点×20題のパターンになっています。小問は典型題が多く出題されていて、応用問題と同じ配点なので、計算小問のミスは絶対に避けたいところです。応用問題の難度は高くはないですが問題数が多いので、どの問題を選んでやるかの取捨選択で差がつくものになっていると思われます。

国語は字数指定の空所補充問題への慣れが必要

大宮開成中の国語は、要旨や理由を述べた文章の空所を補充する形式の出題が目立ちます。字数指定になっていて、やや慣れを要する形式です。予め問題文を先に読んでおき、補充することばに目星をつけておくことが有効な対策といえます。一方で、字数指定のある記述問題が複数出題されることもあり、時間配分にも気を付ける必要があります。

社会の論述問題は対策が必須

大宮開成中の社会は、問題の最後に50~60字の論述問題が出題されます。内容はその年に話題を呼んだ社会的な出来事であることが多いのですが、何が出されるかは予測しづらいものです。単なる時事問題対策では対応できないもので、10個くらいのテーマについて、きちんと説明をまとめておくなどの対策が必要といえます。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)大宮開成中学・高等学校 (おおみやかいせいちゅうがく・こうとうがっこう)
国公私立の別私立
共学・別学共学
住所〒330-8567 埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-615
電話048-641-7161
ホームページhttp://www.omiyakaisei.jp/