横浜女学院中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問6問の設定で、Ⅰは計算、Ⅱが小問総合、以降が応用問題となっています。応用問題では「図形」「数の性質」の出題が多いことが特徴的です。平面では図形の折り曲げ、空間ではくりぬき問題など難度の高いものが出題されています。考え方や式の記入も必要とされています。
国語 50分
100点
例年漢字の読み書きと長文読解2問のパターンになっています。長文は説明文、物語文が多いですが、随筆の出題も見られます。設問は選択肢問題中心ですが、文章のテーマに関連して自分の考えを述べる100字程度の記述問題が出題されることが大きな特徴です。
理科 理社で50分
各50点
大問4~5問で、4分野からまんべんなく出題されています。実験や観察を基にして考えさせる出題が多く、知識の暗記のみでは対応できないものになっています。設問形式は記号選択、語句記入に実験結果に関する記述も見られます。全体的には基礎力を見る出題になっています。
社会 理社で50分
各50点
大問4問前後の設定で、各分野からまんべんなく出題されています。世界地理に関する出題があることが大きな特徴です。日本との関連が深い国に関することや時事問題の出題もよく見られます。経済に関する出題が多いことも特徴的です。全体的には標準的な内容で基礎力をみる問題になっています。

横浜女学院中合格へのポイントは?

計算小問のミスは命取りに 合格者平均が低めの算数

横浜女学院中の算数は、合格者平均が6割に満たないことが多く、差がつきにくい設定になっています。後半の応用問題は図形分野を中心にやや思考力が必要とされる問題で、正答率は高くないと思われます。むしろ計算一行問題の出来が得点に大きく影響しているといえます。前半部分をミスなくしっかり取ることが合格ライン到達につながります。

国語は記述よりも選択肢問題に注意

横浜女学院中の国語の最大の特徴は100字の記述です。15点程度の配点で、部分点がつけられているようです。全体の中でのウェイトを考えると影響はそれほど大きくなく、むしろ記号選択や書き抜きの問題での失点が大きく響いてくるようです。記号選択では紛らわしい選択肢が多く、表面的な読み取りでは引っかかってしまうものが多いものです。過去問対策を通じて、丁寧な読み取りと選択肢に慣れることが必要といえます。

学校情報

学校名(かな)横浜女学院中学校・高等学校(よこはまじょがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒231-8661 神奈川県横浜市中区山手町203 045-641-3284)
ホームページhttp://www.yjg.y-gakuin.ed.jp/

学校情報の詳細はこちら