豊島岡女子学園中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
例年大問6問の設定で、計算、小問と応用問題が6題の構成となっています。幅広い単元から出題されますが、「図形」「数の性質」「条件整理」「速さ」等が頻出です。特に「立体の切断」に関する出題は定番化しています。1問1問は超難問というわけではないのですが、女子校の中ではかなり高難度の問題といえます。受験生レベルが高いので、合格者平均も70点以上というハイレベルな戦いになります。
国語 50分
100点
例年長文読解が2問と漢字の書き取りというパターンです。長文は論説文と物語文が1問ずつです。設問形式は記号選択、抜き出し、適語(文)補充、知識を問うもの、短めの記述とバラエティに富んだものです。選択問題の多いことも特徴的で、似かよった選択肢が並ぶ中で、誤っている部分をとらえるために正確な読解力が要求されます。
理科 理社で50分
各50点
大問4問の構成です。選択肢の問題が多いですが、物理・化学分野では計算問題も多く出題されます。例年Ⅰ、Ⅱが物理、化学分野、Ⅲ、Ⅳが生物、地学分野と並んでいるので、苦手分野を抱える受験生には解く順序を工夫するとよいでしょう。女子の特性もあり、物理・化学分野で得点に差がつく傾向があります。
社会 理社で50分
各50点
大問3問で地理・歴史・政治から幅広く出題されますが、歴史分野の比重がやや高めです。フルカラーで図や図表、写真等が与えられるユニークなものです。時事問題の出題もあります。紛らわしい選択肢を確実に判別できるような正確に知識と判断スピードが問われています。

豊島岡女子中合格へのポイントは?

女子の最難関の1つ 桜蔭中受験生の第2ラウンド

豊島岡女子中の2日の1次試験は受験者が1,000名を超えることもあり、実質倍率も10倍を超すという超ハイレベルな激戦が繰り広げられています。1日の桜蔭中の受験生がそのまま流れ込み、更に他の御三家中からも受験生を集めているので、ある意味最も厳しい入試といえるかも知れません。かなりの高得点勝負の戦いになります。

ハイレベルな処理能力と「判断力」が問われる算数

豊島岡女子中の算数の問題は、超難問ではありませんが男子進学校の入試問題並みの「骨っぽさ」があります。また、問題の中に「落とし穴」のようなものがある出題が多いようです。できたと思っていても見落としがあったり、典型題のように見えてもそうでなかったりするといったもので、冷静で正確な処理能力と判断力が必要です。

高得点のためには問題の取捨選択のテクニックが必要

豊島岡女子中の算数は、前半の問題でも先に述べたような「落とし穴」が潜んでいたりすることもあり、問題の取捨選択が合否の大きなポイントになります。取れる問題と取れない(時間がかかる)問題を見極めて、「捨て問」を作り、取れるところを確実に得点することが高得点につながります。理科でも後半の生物・地学分野を先に処理したりするなどの工夫やテクニックを備えておくことが必要です。

国語、社会は選択肢の処理が鍵を握る

豊島岡女子の国社の問題は、記号選択中心で、いわゆる「速読即解」のパターンになっています。選択肢に紛らわしいものが多く、判断に迷って何度も読み直したりして時間がかかってしまうようなことがあると命取りになりかねません。正誤を即座に判断するためにも、正確な読み取りと知識が必要となります。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)豊島岡女子学園中学校・高等学校(としまがおかじょしがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-25-22 03-3983-8261)
ホームページhttps://toshimagaoka.ed.jp

学校情報の詳細はこちら