田園調布学園中等部

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問5問程度で、Ⅰが小問総合10題、以降は応用問題の構成です。小問は「比と割合」「図形」「特殊算」中心に様々な範囲から出題されています。応用問題は「図形の応用」「速さ」等で、図形は回転体や立体の切断、移動の出題が目立ちます。難度は標準的ですがボリュームがあり、力の差が出やすい問題といえます。
国語 50分
100点
例年長文読解2問の構成です。漢字は長文中に出題されます。長文は物語文・随筆から1問、説明文が1問の出題パターンです。設問では記述式の比重が高いことが特徴的で、様々な字数指定や指示で出題されています。100字程度で自分の言葉で書くものも見られます。選択肢の問題も紛らわしいものが多く注意を要します。
理科 30分
50点
大問7~8問で各分野よりまんべんなく出題されていますが物理分野の比重がやや高めになっています。設問形式は選択式や語句・数値記入が中心ですが、計算問題や理由記述、グラフの作成等も出題されます。実験や観察を基にした問題が多く、知識のみでない思考力が必要な問題になっています。
社会 30分
50点
大問1問で、分野の融合問題形式の出題です。一つのテーマに基づいてのリード文が与えられて、各設問に答えるスタイルです。リード文が長く、内容も細部の知識と理解が要求されるもので、難度は高めのものといえます。自分の考えを記述する問題の出題も見られます。

田園調布学園中等部合格へのポイントは?

算数はボリュームのある問題で実力差がつきやすい

田園調布中の算数は、小問10題と応用問題5問前後の出題で、内容的にもボリュームのある問題になっています。小問も図形を中心に様々な範囲から出題されていて、難度は標準的なものですが量が多く意外に時間がかかるものになっているようです。応用問題はグラフを扱ったものや条件設定がやや込み入ったものが多く、実力差がはっきり出てしまう問題といえます。問題の取捨選択のテクニックも含めて過去問対策が必要な問題といえます。

国語はややレベルの高い問題 記述勝負

田園調布中の国語は、記述の比重が高くなっていることが特徴的です。字数指定も25字程度のものから字数指定のないものまで、条件指定も多様なパターンがあり、高い記述力を要するものになっています。また、記号選択の問題も選択肢が長く、紛らわしいものが多いので、正確な読解力と思考力もポイントになります。

社会は独特の出題形式で過去問対策が必須

田園調布中の社会は、一つのテーマに基づいたリード分を読んで、様々な分野からの設問に答える形式になっています。内容的にもあまり見慣れないテーマが扱われていて、日頃からの社会問題に対する興味・関心が問われます。自分の意見を述べる記述問題もあり、応用力・思考力も要求されます。出題形式に対する慣れを含めて過去問対策が必須な問題といえます。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)田園調布学園中等部・高等部(でんえんちょうふがくえん ちゅうとうぶ・こうとうぶ)
住所(電話)〒158-8512 東京都世田谷区東玉川2-21-8 03-3727-6121)
ホームページhttp://www.chofu.ed.jp

学校情報の詳細はこちら