東洋英和女学院中学部

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 45分
100点
大問9問前後の設定でⅠは計算問題、Ⅱは一行小問、以降は全て応用問題という構成です。応用問題の前半は基礎中心で、後半部はやや発展的な内容の出題です。全て の問題で途中式の記入が要求されています。問題難度は高くはないですが量が多く、スピードが必要です。
国語 45分
100点
大問1~2問の設定ですが、かなり長い物語文や随筆が1問の年もあり、一定していません。詩や俳句の問題も時々出題されます。解答形式は、記号選択、記述中心で、記述は本文中の内容をまとめるものと、自分の言葉で書くものの2通りあります。語彙の出題が多いのも特徴的です。
理科 30分
60点
大問4~6問の設定で4分野からまんべんなく出題されていますが、生物の出題には特徴的なものがあります。作図、計算、記述と解答形式がバラエティに富んだものになっています。実験・観察に基づいた知識や理解、論理的思考力を重視した問題になっています。
社会 30分
60点
大問3~4問の設定です。リード文や会話文が与えられ、それについての小問が設けられるというスタイルです。分野をまたいだ融合問題の出題が多く、写真や絵、図表や資料が多く提示されていることも特徴的です。問題数が非常に多く、ボリュームのあるものとなっています。

東洋英和女学院中合格へのポイントは?

高得点勝負の算数 スピードと正確性がポイント

東洋英和の算数は、問題自体の難度は高くはないですが、量が多く、高得点勝負の入試になります。計算、一行小問でのミスは命取りになります。普段からの計算練習やスピードを養う訓練が必要です。問題用紙2枚目以降の応用問題も、対応の仕方の巧拙で思わぬ点数差がつくものです。時間内で全問こなすのは困難なので、確実に取れるものを取ることもポイントになります。

国語は記述力と語彙力で差がつく

東洋英和の国語は、女子らしい細やかな心理・情景の読み取りが特徴的で、設問にもそのあたりの感性が問われるものになっています。しかし実際に差がつきやすいのは語彙の問題と自分の言葉を用いて書く記述です。語彙に関しては、読書量の多少にかかわるところが大きいですが、大人との会話等日常的な部分でわからなかったらすぐに調べる習慣をつけておくことが有効な対策といえましょう。

理社は完全なスピード勝負 社会は資料の読み取りに注意

東洋英和の理社は、30分という制限時間に比べて問題数が非常に多く、かなりのスピードが要求される問題です。他の女子進学校に比べて問題は基礎的な典型題が多く、高得点勝負になりやすい傾向にあります。幅広い知識と速読即解の対応スピードを身につけておきましょう。時間を計っての過去問の演習が必要となります。

学校情報

学校名(かな)東洋英和女学院中学部・高等部(とうようえいわじょがくいんちゅうがくぶ・こうとうぶ)
住所(電話)〒106–8507 東京都港区六本木5丁目14–40 03–3583–0696)
ホームページhttp://www.toyoeiwa.ac.jp/chu-ko

学校情報の詳細はこちら