東京女学館中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問7~8問の設定で、Ⅰは計算問題、Ⅱは小問、残りは応用問題となっています。小問では「特殊算」、応用問題では「図形」「規則性」の出題が目立ちます。以前は一行問題中心の出題スタイルでしたが、近年「図形」等の応用問題に重点を置いた出題になっています。問題の難度は標準的なものといえます。
国語 50分
100点
例年大問3問の設定で、物語文1題、説明文1題に漢字の読み書きのパターンになっています。設問は記号選択中心で、記述は抜き出しが多く、その他は文章の内容をまとめる程度のものです。内容理解に重点を置いたオーソドックスな出題になっています。
理科 理社で30分
各50点
大問3~4問で、4分野からバランスよく出題されていますが、年度によって出題がない分野もあります。解答形式は、記号選択、語句や数値の記入がほとんどですが、1,2行の理由記述もあります。難度は標準的で、基礎知識の定着を問うものとなっています。
社会 理社で30分
各50点
大問3~5問の設定で、3分野から偏りなく出題されます。世界地理に関する出題が目立つことが特徴的です。分野をまたいだ総合問題としての出題されることもあります。形式は記号選択、語句記入が大半を占めます。難度は標準的ですが問題数が多く、スピードが要求される問題です。

東京女学館中合格へのポイントは?

典型題中心の算数 スピードと正確性が合否の分かれ目に

東京女学館中の算数は、問題は標準的な難度ですが問題数がやや多いものといえます。一行小問中心に典型題が多く、合格者平均も高めになります。このタイプの問題は、問題の処理スピードと正確性が重要になります。計算スピードを高めることとパターンですぐに解けるようにしておくことが必要です。もちろん計算一行問題でのミスは禁物です。

国語は「キーワード」に注意して読むことが正解への近道

東京女学館中の国語は、文章の内容も小学生に親しみやすいもので、設問も標準的なものが多いです。毎年「言葉」を埋めたり、あてはめたりする設問があり、それらが文章の主題を理解する「キーワード」になっています。過去問対策等で「キーワード」を意識しながら読む、重要だと思ったら傍線を引くという訓練が有効といえます。

理社はやや問題量が多くスピードが必要

東京女学館中の理社は、合わせて50分の時間に比して、やや問題数が多く、スピードが要求される問題になっています。内容的にも基礎中心で、身につけた知識をすぐに引き出せるかどうかが重要です。1問1答式の問題集を使っての訓練が有効といえます。理科の物理・化学分野にややひねった問題があることには注意を要します。

学校情報

学校名(かな)東京女学館中学校・高等学校(とうきょうじょがっかんちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-7-16 03-3400-0867)
ホームページhttp://www.tjk.jp/mh

学校情報の詳細はこちら