聖セシリア女子中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問5~7問でⅠが計算7、8問、Ⅱが小問で、以降が応用問題の形式です。小問では「特殊算」の出題が目立ちます。応用問題では「図形」「規則性」「グラフに関する問題」が多く出題されます。内容的には基礎中心の出題ですが、女子が苦手にしやすい「図形」が多いことには注意を要します。
国語 50分
100点
例年漢字と知識問題に物語文と説明文の長文読解が2問の構成です。難度は標準的なもので、正確な読み取りと筋道を立てて考える力が重視されている出題傾向です。記述式の設問が多いことも特徴的です。知識問題は熟語や文法、短文作成など多彩なパターンがあります。
理科 30分
50点
大問5~6問で4分野からまんべんなく出題されていますが。実験を基にした出題が多いですが、内容的には基礎的な事柄を問う問題がほとんどです。形式は記号選択中心に、語句記入、計算、短めの記述等が出題されています。
社会 30分
50点
例年大問2問で歴史分野の比重が高いことが特徴です。Ⅰが歴史、Ⅱが地理と政治の融合問題のパターンで出題されることが多いです。Ⅱでは世界地理や時事問題を絡めた総合問題になっていて、リード文に沿って様々な角度から出題される形式です。国連などの国際的な出題があることも特徴です。

聖セシリア女子中合格へのポイントは?

算数は計算力と図形問題への対応がポイント

聖セシリア女子中の算数は、計算問題を中心に、基礎力を見るための出題傾向になっています。計算問題のみでの約20点の配点となっていて、計算力が重視されています。小問に頻出の「特殊算」も基本的なもので、ほとんどのお子さんが解けるものになっています。応用問題では女子が苦手にしやすい「図形」の出題が目立ち得点差のつく部分になっているようです。

国語は記述の比重が高い 文章にまとめる能力で差がつく

聖セシリア女子中の国語は、記述式の設問の比重が高いことが特徴的です。心情や理由を説明するものですが、多くの場合は文中の言葉を用いたり、書かれていることをまとめたりする記述問題です。キイワードを見つけて、それらをつなげたり、補ったりする「文章構成力」が鍵になります。

社会は独特の出題傾向 「グローバル」な視点が必要

聖セシリア女子中の社会は、地理と政治の融合問題の出題に特徴があります。中でも、ユニセフやASEAN,EU等の国際関連の出題が頻出しています。授業では重く扱われない内容なので、日頃からの関心と対策が必要です。

学校情報

学校名(かな)聖セシリア女子中学校・高等学校(せいせしりあじょしちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒242-0006 神奈川県大和市南林間3-10-1 046-274-7405)
ホームページhttps://www.cecilia.ac.jp/

学校情報の詳細はこちら