湘南白百合学園中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 45分
100点
大問5問前後の設定でⅠが計算と小問、以降が応用問題です。計算小問はやや複雑なものになっていて、ミスをしやすいものになっています。応用問題は「図形」「速さ」「特殊算」の出題が目立ち、特に図形は平面、立体の思考力の必要な問題が2問出題されます。難度はやや高いものといえます。
国語 45分
100点
漢字の読み書きや知識問題が3,4問に長文2問の設定です。長文は物語文1問、説明文、随筆の中から1問というパターンが多いです。解答形式は、記述が大きなウェイトを占めていて、自分の考えを書かせる100字の自由記述の出題も見られます。知識分野も幅広い出題があり対策が必要です。
理科 40分
100点
大問5問の設定で4分野からまんべんなく出題されていますが、生物分野の比重がやや高めになっています。内容は基本的なものが多いですが、実験や観察結果を基にして考える問題で、知識のみでない思考力が問われます。問題のボリュームも大きく、難度はやや高めのものです。
社会 40分
100点
大問6~8問の設定で、問題量がかなり多いことが特徴的です。地理・歴史分野の比重が高めの出題傾向ですが、近年は環境や時事問題の出題も増加しています。形式も記号選択は少なめで、語句記入、記述の量が多い本格的なものになっています。知識のみでは対応できない思考力が問われる問題といえます。

湘南白百合学園中合格へのポイントは?

算数は計算力と思考力ともに高いレベルが要求される

湘南白百合の算数は、計算小問も煩雑な計算や処理を要する問題が多く、高度な計算力が必要です。後半の応用問題でも立体図形を中心に図形の難問が出題されることが多く、思考力も必要です。出題傾向や形式がほとんど一定しているので、過去問対策がかなり有効な問題といえます。

国語は記述が勝負の分かれ目になる

湘南白百合の国語は、知識問題の出題が多いことが特徴ですが、受験生のレベルが高いためかその部分ではあまり差がつかないようです。長文中の記述問題は内容や心情把握にかなり力を要するものになっていて、その辺りで大きな差がついているようです。高度な読解力をもとにした記述が勝負の分かれ目になります。

理社も本格的な出題で、総合力が必要

湘南白百合の理社は、算国と同じ時間制限で同じ配点ということで、かなり重要視されています。問題も知識のみでない思考力に解答スピードも要求されるハイレベルなものです。4教科まんべんなく、きちんとした学習をしてきたかどうかと考える力を試される問題です。

学校情報

学校名(かな)湘南白百合学園中学・高等学校(しょうなんしらゆりがくえんちゅうがく・こうとうがっこう)
住所(電話)〒251-0034 神奈川県藤沢市片瀬目白山4-1 0466-27-6211)
ホームページhttp://www.shonan-shirayuri.ac.jp/chukou/

学校情報の詳細はこちら