実践女子学園中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問5問の設定で、Ⅰは計算問題、Ⅱは一行小問、残りは応用問題となっています。計算と一行小問で6割の配点になっていることが特徴的です。応用問題では「図形」「特殊算」「比」の出題が多いです。「図形」の問題は工夫が凝らされたやや難度の高い問題が出題されます。他の分野に関しては標準的な出題といえます。
国語 50分
100点
大問3問程度の設定で、物語文1題、説明文1題に漢字・熟語等の知識問題というパターンです。形式は記号選択、語句記入が多いですが、50字程度の記述もあります。難度は標準的なもので、文章はやや長めですが、小学生が読みやすいものが出題されています。
理科 理社で50分
各50点
大問4問で、4分野からバランスよく出題されています。実験や観察を基にした出題が多いです。基本的な知識を幅広く問う問題になっています。解答形式は、記号選択、語句や数値の記入がほとんどですが、短めの理由の記述もよく出題されています。
社会 理社で50分
各50点
大問4問の設定で、3分野から偏りなく出題されますが、やや歴史分野が多い傾向にあります。時事問題の出題もあります。形式は記号選択、語句記入がほとんどです。全体的に基礎知識の定着を見るオーソドックスな出題になっています。

実践女子学園中合格へのポイントは?

算数は一行計算と小問の出来が合否を分ける

実践女子学園中の算数は、計算一行問題で60点の配点となっていて、高いウェイトを占めています。典型題中心で難度も標準からやや易しめのものですから、9割以上の正答率が欲しいところです。後半の応用問題は図形に難問が目立ち、差はつかないことが予測されるので、計算一行問題のミスは命取りになってしまいます。問題数も多くはないので、焦らずに前半をミスなく確実に取っていくことが高得点のポイントといえます。

国語は漢字と知識問題の比重が高い

実践女子学園中の国語は、文章も小学生に読みやすいもので、設問もオーソドックスなものになっています。漢字、語句の知識は独立題として、例年約20点分の配点になっていますが、長文の中にも漢字や語彙、文法の問題が散見され、約10点分の配点があり、合計3割が知識問題ということになります。読解ではあまり差がつかないものと考えられ、知識問題の出来が合否を左右するものになっているようです。確実に点数を稼げるものとしても、知識問題対策はきちんとしておく必要があります。

理社は基本知識の徹底 苦手分野を作らないことが大事

実践女子学園中の理社は、幅広く基本的な知識を問う問題スタイルになっています。理科は理由記述や計算問題もありますが、内容的には標準的なものなので、全体として差がつきにくい構成になっています。逆に皆ができるところができない、「苦手科目や分野」を抱えているお子さんには不利なものといえます。苦手分野でも基本的な内容はきちんと定着させておきたいものです。

学校情報

学校名(かな)実践女子学園中学校・高等学校(じっせんじょしがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒150-0011 東京都渋谷区東1-1-11 03-3409-1771)
ホームページhttp://hs.jissen.ac.jp/

学校情報の詳細はこちら