品川女子学院中等部

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問5~6問の設定で、Ⅰは計算、Ⅱが一行小問、以降は応用問題となっています。他の女子校と比べて「特殊算」の出題が多いことが特徴的です。応用問題は「図形」中心の出題になっています。近年小問の数が減り、逆に応用問題が増えて、全体としてやや難化傾向にあります。途中式を求められる箇所もあります。
国語 50分
100点
例年長文読解2問の構成で、説明文か随筆と物語文が1問ずつのパターンです。漢字等の知識問題は長文中に出題されています。文章がやや長めのものですが、小学生に親しみやすいものが出題されています。設問は記号選択中心ですが、100字程度で自分の言葉でまとめる記述も出題されます。
理科 理社で60分
各60点
大問3問で、4分野からまんべんなく出題されています。設問形式は記号選択よりも、語句や数値の記入、計算問題、短文記述が多いことが特徴的です。実験・観察に基づいた出題が多く、図表やグラフ、写真も多用されています。身近な現象をテーマにした出題も目立ちます。
社会 理社で60分
各60点
大問3問の構成で、3分野から1問ずつ出題されています。分野をまたいだ出題や時事・環境問題を踏まえた出題が多いことが特徴的です。日本と関連の深い国々に関する出題も目立ちます。設問は記号選択中心ですが、誤っているものを選ばせる設問が多く、注意を要します。

品川女子学院中合格へのポイントは?

算数はやや難化傾向に 出題傾向の変化に注意

品川女子学院中の算数は、計算一行問題の比重が高めで、「速読即解」型の入試問題でしたが、近年やや出題傾向に変化が生じています。一行小問が減少し、応用問題の比重が高まっています。「特殊算」が多い出題傾向も、今まで出なかった分野の出題が見られるようになり、全体的に難化していくことが予想されます。過去問対策はその辺りを踏まえて進めていく必要があります。

バランスのよい国語の問題 丁寧な読みと記述がポイント

品川女子学院中の国語は、知識、読解、記述がバランスよく組み合わされた問題で、実力差が出やすいものになっています。文章自体それほど難度は高くないのですが、女子らしい細やかな心情の読み取りが必要な問題が多く、記述も自分の言葉で書くものがあり、国語の総合的な力が試されています。

理社は時間との戦い 判断能力が必要

品川女子学院中の理社は、問題数が多く、時間的に厳しい問題といえます。記号選択の問題でも「間違っている」ものを答えさせる等、正確な知識がないと対応できないものになっています。また、文章量、情報量ともに多く、読み取りに時間がかかってしまうことが多いようです。正確な知識と冷静な判断能力がポイントになります。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)品川女子学院中等部・高等部(しながわじょしがくいんちゅうとうぶ・こうとうぶ)
住所(電話)〒140-8707 東京都品川区北品川3-3-12 03-3474-4048)
ホームページhttp://www.shinagawajoshigakuin.jp/

学校情報の詳細はこちら