聖園女学院中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問5問前後でⅠが計算、Ⅱが小問で、以降が応用問題の形式です。小問で「還元算」「比」の計算問題など基本的な内容の出題です。応用問題では「図形」の出題が目立ちます。「グラフ」を描く問題も頻出しています。全体的には基礎力を見る問題になっています。
国語 50分
100点
例年漢字の読み書き10問ずつと物語文と説明文の長文読解が2問の構成です。漢字が多いことが特徴的で、長文中にも語句の意味や文法に関する出題があり、「ことば」が重視される傾向にあります。設問に記述式が多く、特に心情の理由を説明するものは難度が高いものがあります。
理科 30分
50点
大問5問で物理・化学・生物・地学に自然環境に関する時事的な内容の出題の5問で各10点ずつの配点になっています。実験や観察を基にした出題が多く、原理や法則の理解を必要としますが、内容的には基礎的な問題と言えます。
社会 30分
50点
例年大問3問で各分野からまんべんなく出題されます。時事的な問題の出題も多く見られます。設問は記号選択、語句の記入に、自分の考えを述べる記述も見られます。選択肢の文章が長く、正確な知識と理解が必要なものになっています。用語は漢字指定のもので、ひらがな記入や誤字は不正解になります。

聖園女学院中合格へのポイントは?

算数は計算力と図形問題への対応がポイント

聖園女学院中の算数は、計算問題を中心に、基礎力を見るための出題傾向になっています。応用問題では「図形」分野の出題が目立ちます。典型的な問題ですが、立体の求積や展開図・投影図といった女子の苦手にしやすいタイプの問題が多く、注意が必要なものです。

国語は記述の比重が高い 出題量が多い知識問題にも注意が必要

聖園女学院中の国語は、記述式の設問の比重が高いことが特徴的です。心情や理由を説明するものですが、かなり細かな内容のもので、正確で深い読解力を必要とするものです。過去問を通じての対策は必須のものといえます。漢字を含めた「ことば」に関しての出題も多く、得点比重も高いことには注意が必要です。

理科・社会は独特の出題傾向 知識のみではない思考力が問われる

聖園女学院中の理科は、事象の原理や法則を応用する力が問われる独特の出題が特徴的です。社会も時事問題で1問の設定があることなど、いずれも他校に類を見ないスタイルになっています。普段から身近な現象や出来事についての興味・関心が必要なものになっています。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)聖園女学院中学校・高等学校(みそのじょがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1番地4 0466-81-3333)
ホームページhttp://www.misono.jp/

学校情報の詳細はこちら