晃華学園中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問6問で、Ⅰが計算と小問、それ以降は応用問題の構成です。応用問題は「平面・立体図形」「数の性質」「規則性」「旅人算」からの出題が多いです。応用問題では深い思考力を問う出題が多く、特に「図形」や「規則性」では推理力や分析力を必要とする男子難関校顔負けの問題になっています。
国語 50分
100点
例年長文読解2問に漢字の書き取りのパターンです。長文は物語文、説明文、随筆から2問出題されます。素材文は小学生にとってやや難しい内容のものになっています。語彙に関する出題も多く見られます。設問は記号選択、書き抜き中心ですが、50字程度の記述も出題されます。
理科 35分
75点
大問4問で各分野より均等に出題されています。設問形式は選択式が中心ですが、選択肢の数が多いものや、数的処理の必要なものもあり、難度の高いものになっています。化学分野では計算問題が多く出題されています。内容は基礎的なものですが、知識を応用する力が問われる問題といえます。
社会 35分
75点
大問3~4問で、各分野からまんべんなく出題されていまが、地理・歴史分野の比重が高めになっています。地図やグラフ、史料が多く取り上げられていて、それらを読み取る能力が問われています。設問は記号選択、語句記入中心に理由記述も見られます「島」に関する出題等取り上げられるテーマが独特なものが多いです。

晃華学園中合格へのポイントは?

4科目ともやや癖のある特徴的な出題傾向 過去問対策が必須

晃華学園中は、暁星学園より独立して生まれたカトリック精神に基づいた女子校です。多摩地域有数の進学校として、毎年国公立大や早慶上智に高い進学実績を出しています。入試問題も独自性の高い出題が目立ち、4科目とも深い思考力が必要な問題になっています。合格のためには、出題傾向をきちんとつかんだうえで、過去問を含む志望校対策が必須の学校といえます。

基本的には算国の勝負 算数は頻出単元の強化を

晃華学園中の入試は、配点から見ても算国でいかに点を稼げるかどうかが合否の分かれ目になります。算数の問題は、「規則性」「数の性質」「立体の分割」等の出題が頻出傾向にあります。これらの問題は、男子難関校顔負けの思考力を要する難問で、差はつきにくいのですが、得点できれば合格への大きなアドバンテージになります。もちろん基本的な問題のミスは禁物ですが、算数が得意なお子さんは、男子難関校の問題で頻出単元の演習をしておくことが有効といえます。

国語は「自然環境問題」や「ことば」に関する出題が多い

晃華学園中の国語は、「自然」や「ことば」に関する文章が好んで出題されているようです。新書や中学生向けの問題等を利用して対策していくことが有効です。理科は「振り子」に代表される「運動系」の問題と「天体」、社会は「国連」と「憲法」に関する問題が頻出しています。過去問演習を通じて、重点対策を行っておくことが合格への近道につながります。

学校情報

学校名(かな)晃華学園中学・高等学校(こうかがくえんちゅうがく・こうとうがっこう)
住所(電話)〒182-8550 東京都調布市佐須町5-28-1 042-482-8952)
ホームページhttps://jhs.kokagakuen.ac.jp/

学校情報の詳細はこちら