恵泉女学園中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 45分
100点
大問6~8問でⅠが計算、Ⅱが小問、Ⅲ以降が応用問題の形式です。ほとんどの問題で途中式や考え方を書く形式です。応用問題では「平面図形」「グラフに関する問題」が頻出しています。特にグラフでは、水量変化や速さをグラフに表す問題が好んで出題されます。ひと工夫凝らされた出題になっています。
国語 45分
100点
例年物語文と説明文の長文読解が2問の設定です。漢字や語彙は長文に含まれています。問題文はやや長めですが、小学生にとって読みやすいものが扱われています。最大の特徴は記述の設問が大きなウェイトを占めることで、そのために問題数が少なめになっています。記述は自分の言葉で表現する必要のあるものがほとんどです。
理科 45分
50点
大問5問程度の設定で4分野からまんべんなく出題されます。幅広く基本的な知識を見る問題です。身近な現象を扱った出題が目立つことが特徴的です。形式は記号選択が大半ですが、短い記述、絵やグラフを書かせる問題もよく出題されます。環境問題に関する出題もあります。
社会 45分
50点
大問3~5問で地理、歴史、政治各分野よりバランスよく出題されます。分野ごとの出題ではなく、一つのテーマに基づいて、時事問題も絡めた融合問題の形式になっています。地図や図表等の読み取りの問題も多く出題されることも特徴的です。時間の割に量が多い問題といえます。

恵泉女学園中合格へのポイントは?

国語はハイレベルな記述問題が合否の鍵を握る

恵泉女学園中の国語は、設問数は少ないですが、自分の言葉で説明する記述が中心になっていて、難度の高い問題になっています。字数指定はなく、かなり長い文章で心情や理由、要点をまとめなければならないもので、作文と同等の記述力を要します。文章の内容を論理的に捉えて理解し、自分の言葉で説明する高度な国語力が要求されています。過去問対策と同時に、頌栄や普連土等の記述の多い学校の問題にあたってみることが有効な対策といえます。

算数は途中過程重視 諦めずに最後まで考えることと問題の選択がポイント

恵泉女学園中の算数は、基本から応用までバランスよく出題されている問題です。内容は標準的ですが、図形やグラフに関する問題等出題傾向に特徴がありますので、過去問対策が有効といえます。途中の式や考え方の記入は部分点の対象になっているものと思われ、最後まで解ききれなくても諦めずに過程を書き残すことが重要です。問題の難度にやや差が見られるので、問題の取捨選択も得点に大きく影響してきます。

特徴的な出題がある理社も過去問対策をしっかりと

恵泉女学園中の理社は、独自の出題傾向が特徴的です。理科の身近な現象をとらえる出題や、社会の時事問題の出題が毎年見られます。理社合わせて45分という短い試験時間なので、出題傾向になれておくことは大きなアドバンテージとなります。また、日常生活の中で得られるものが重要視されているので、テキストのみの学習でなく、日頃より興味・関心を持って学習に取り組むことが必要です。

学校情報

学校名(かな)恵泉女学園中学・高等学校(けいせんじょがくえんちゅうがくこうとうがっこう)
住所(電話)〒156-8520 東京都世田谷区船橋5-8-1 03-3303-2115)
ホームページhttps://www.keisen.jp/

学校情報の詳細はこちら