国府台女子学院中学部

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分(40分)
100点(100点)
大問5~6問の設定で、Ⅰは計算、Ⅱが小問、残りは応用問題となっています。小問では「特殊算」「割合と比」の問題が多いです。応用問題では「特殊算」「図形」「グラフに関する問題」の出題が目立つことが特徴的です。特に「特殊算」は、考え方の過程を問う独特の出題です。難度は高くはないですが、思考力の必要な問題になっています。
国語 50分(40分)
100点(100点)
大問2~3問で漢字等の知識問題1問に長文読解2問のパターンが多いです。長文は物語文、説明文が1問ずつ出題されます。知識問題の比重が高いことが大きな特徴で、ことわざ・慣用句、文法、ことばの知識等が幅広く出題されています。漢字の読み書きは長文中に出題されていて、知識とあわせると5割近い配点があります。
理科 30分(理社で50分)
60点(50点)
大問4問で、4分野からバランスよく出題されています。設問は記号選択、語句・数値の記入中心で、基本的な知識を幅広く問う問題になっていますが、一部記述や図を書かせるものも見られ、知識のみでない思考力を問うものになっています。環境問題や時事問題に絡めた出題もよく見られます。
社会 30分(理社で50分)
60点(50点)
例年大問3問の設定で、各分野から均等に出題されています。リード文を読んで、それに関する設問が与えられるスタイルです。設問は記号選択、語句記入が中心ですが、記述式もよく見られます。歴史・政治分野では、外国との関係についての出題が多いことは特徴的です。

*時間/配点欄のカッコ()内は推薦

国府台女子学院中等部合格へのポイントは?

算数は問題パターンが固定化されている 過去問対策が有効

国府台女子学院中の算数は、計算一行問題が全体の約5割を占める典型的な女子校の問題パターンになっています。計算がやや複雑であること以外は、標準的な問題がならんでいて、得点差はつきにくいものになっています。応用問題では、特殊算の解法過程問題、図形の小問、速さや図形の移動、水量変化とグラフを絡めた問題が定番化していて、これらの問題の出来で、合格ラインが決まってきているようです。今後もこの傾向は続くことが予想されますので、過去問を含めてしっかりと対策をしておくことが必要です。

国語は知識問題対策がポイント

国府台女子学院中の国語の最大の特徴は、漢字を含めた知識問題の比重がかなり高いことです。漢字の読み書きを含めると半分の50点近い配点になります。よく出やすいことわざ・慣用句以外にも、古い言葉や、細かな言葉の使い方、中学生レベルの文法問題等多彩な出題があります。テキストのみの学習では補えないものなので、過去問を含めた対策が重要です。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)国府台女子学院中学部(こうのだいじょしがくいんちゅうがくぶ)
住所(電話)〒272-8567 千葉県市川市菅野3-24-1 047-322-7770)
ホームページhttps://www.konodai-gs.ac.jp

学校情報の詳細はこちら