フェリス女学院中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
例年大問5問の設定で、Ⅰは計算小問総合、Ⅱ以降が応用問題という構成です。「数の性質」「図形の求積」「旅人算」等がよく出題されています。図形分野に男子校並みの複雑な問題が多く、難関女子校の中でも、問題の難度はトップレベルのものといえます。解答欄は式や考え方を書く形式で採点の対象となっているようです。
国語 50分
100点
大問4問の設定で、物語文1題、説明文か随筆が1題、後半に漢字と文法というパターンが多いです。長文はかなり長く内容もレベルの高いものが出題され、精神的な成熟度合「大人びた」感性を問われるもので、難度は高いです。記述が多いことも特徴で、100~150字の長いものもあり、高い表現力が必要なものになっています。
理科 30分
60点
大問6問の構成で、4分野からまんべんなく出題されていますが、やや物理・化学分野の出題が多い傾向にあります。設問数がかなり多いことが特徴で、記述式も多いので30分の制限時間を考えると厳しいものといえます。実験・観察を基にした設問が多いことも特徴的です。
社会 30分
60点
例年大問4問の設定です。理科同様問題数が非常に多いことが特徴的です。地理と歴史、時事問題が融合した問題や、かなり細部の知識を問われる問題もあり、幅広い知識とともに、その知識を他の事項との関連性を含めて理解しておく必要のあるものとなっています。

フェリス女学院中合格へのポイントは?

難関女子校の中でも問題の難度はトップレベル パワーにスピードも必要

神奈川女子の最難関校であるフェリス女学院中の入試問題は、どの科目もハイレベルな能力を要求されるものです。男子難関校並みの難度の算数、文章のレベルが高く、高い精神性を必要とする国語、制限時間に比して問題数が非常に多くかなりのスピードが要求される理社。相当なパワーとスピードが必要な入試問題といえます。

男子難関校並みの難度 算数が合否の第一関門

フェリス女学院中の算数は、図形分野を中心に女子にしては難度が高い問題が多く出題されています。男子難関校並みの高度な思考力、応用力が必要とされるもので、そのため算数の得点に差がつきやすく、合否に大きく影響してきます。また問題の難度が番号順になっていない傾向にあり、前半に時間を使わされてしまうことには注意を要します。

高い表現力が必要な国語の記述

フェリス学院中の国語は、扱われる文章自体がレベルの高いものが多く、設問も「大人びた感性」が問われるハイレベルな問題です。最大の特徴は感想や自分の意見を書く記述。200字という長い字数で自分の考えを表現するもので、短時間でテキパキと考えをまとめ、文章にするという高い文章力、表現力が必要です。普段から作文、感想文を書き、表現力を身につけておくことが不可欠です。

学校情報

学校名(かな)フェリス女学院中学校・高等学校(ふぇりすじょがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒231-8660 神奈川県横浜市中区山手町178 045-641-0242)
ホームページhttps://www.ferris.ed.jp

学校情報の詳細はこちら