跡見学園中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問5問の設定で、Ⅰは計算問題、Ⅱは一行小問、残りは応用問題となっています。一行小問では「特殊算」や「速さ」「数の性質」の出題が多いです。応用問題は「図形」「規則性」が頻出で、特に「図形」ではやや難しめの問題が出されています。一行計算問題で半分の50点の配点になっています。問題難度が隔年で変化する傾向があることも特徴です。
国語 50分
100点
例年大問5問程度の設定で、物語文1題、説明文1題に文法や語句の知識問題、漢字の読み書きという形式が多いですが、詩や短歌・俳句が1問加わる年もあります。設問は記号選択中心ですが、記述や語彙も含めて様々なパターンの出題があります。知識問題のウェイトが高いことが特徴的です。
理科 50分
50点
大問3~5問で、4分野からバランスよく出題されていますが、化学分野はやや多めに出題されています。難度は標準的なものですが、化学分野はやや難しめの問題が出されています。解答形式は、記号選択、語句や数値の記入がほとんどですが、記述やグラフ作成もあります。時事的な問題の出題もあります。
社会 50分
50点
大問3~5問の設定で、3分野から偏りなく出題されます。1問1問はそれほど大きな問題ではないですが、設定がよく工夫された独自の出題が目立ちます。日本に関連が深い国や地域に関する問題や時事問題の出題も多いです。語句が漢字指定のものが多いことも特徴です。

跡見学園中合格へのポイントは?

算数は難度の隔年現象に注意 一行計算の出来が合否を分ける

跡見学園中の算数は、難しい年と易しい年が交互になる「隔年現象」がある学校です。絶対にそうなるとはいえませんが、意識しておいたほうが精神的にもよいといえます。応用問題はやや難度が高いので差がつきにくく、計算一行問題で50点分の配点があるので、ここの出来が合否に大きく影響しているようです。合格者平均は50~70点と年度によって幅がありますが、計算一行で9割取れれば後はかなり楽になります。

国語は知識問題の比重が高い 韻文対策も必要

跡見学園中の国語は、文章も小学生に読みやすいもので、設問も様々な角度から出題されている総合力を見る入試問題です。年度によって詩・短歌・俳句の韻文の出題もあります。また漢字の読み書き、文法。ことわざ・慣用句等の知識問題の比重が高いことも特徴的です。特に「敬語」の用法の問題は頻出していて対策の必要があります。

理社は独特の出題が目立つ 過去問対策をしっかりと

跡見学園中の理社は、理科の理由記述や社会の時事問題などに、工夫が凝らされた特徴的な出題が目立ちます。予想していないと思わぬ時間を取られたりすることがあるので、注意を要します。過去問対策をしっかりと行って、慣れておくことが必要なものです。また知識だけでなく、日頃からニュ―スや新聞に触れておくことが有効な対策になります。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)跡見学園中学校高等学校(あとみがくえんちゅうがっこうこうとうがっこう)
住所(電話)〒112-8629 東京都文京区大塚1-5-9 03-3941-8167)
ホームページhttp://www.atomi.ac.jp

学校情報の詳細はこちら