大妻中野中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問5問前後の設定で、Ⅰは計算、Ⅱが小問、残りは応用問題となっています。計算問題には単位の換算が出題されます。小問は「食塩水の濃度」「速さ」「図形」等幅広い範囲から出題されます。応用問題は「立体図形」「規則性」等がよく出題されます。全体的には標準的な難度でオーソドックスな問題です。
国語 50分
100点
例年大問2問の設定で、物語文・随筆が1題、説明文1題というパターンです。漢字や知識問題は長文中に出題されます。設問は記号選択と抜き出しが中心で、記述は少ない傾向にあります。要旨や文脈、心情や情景の読み取り中心で、難度も標準的なものです。
理科 30分
50点
大問3~5問で、地学分野の出題がやや少なめの傾向があります。実験や観察を重視した出題になっていて、知識のみではない理解が問われます。設問は記号選択、語句の記入等の中心ですが、物理・科学分野では計算問題も多く出題されます。難度は標準的なもので、幅広い知識を問う問ものとなっています。
社会 30分
50点
大問3問の設定で、3分野から偏りなく出題されています。地図や、資料や年表等が多く扱われていて、それらに関する問題が出されます。時事問題の出題も多く、政治や経済ではかなり高度な内容の出題も見られます。記述問題も数問出題されています。

大妻中野中合格へのポイントは?

年度によって出題傾向や難度が変わりやすい算数に注意

大妻中野中は、近年「アドバンスト入試」など他大学進学を念頭においた入試制度改革を進めています。入試問題も、真の実力をみるために以前と傾向を変化させているようです。その影響か算数の問題は、出題内容や難度が年度によって変化しているようで、注意が必要です。過去問対策のみにとらわれずに、ひとつ上のレベルの入試問題に取り組むなどの対策が必要といえます。

理科は物理・化学分野の比重がやや高めの問題

大妻中野中の理科は、地学分野の出題が少なく、物理・化学分野の比重が高い問題になっていることが特徴的です。計算問題も多く出題されていますので、これらの分野を苦手にしているお子さんは、重点的に強化しておくことが必要です。難度は標準的なものなので、苦手だからといって避けて通ることはせずに頑張って克服したほうがよいといえます。

学校情報

学校名(かな)大妻中野中学校・高等学校(おおつまなかのちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒164-0002 東京都中野区上高田2-3-7 03-3389-7211)
ホームページhttp://www.otsumanakano.ac.jp/

学校情報の詳細はこちら