東京都市大学付属中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 45分
100点
大問5問前後の設定で、Ⅰは計算と小問、以降が応用問題の構成です。以前より小問の数が増加傾向にあります。応用問題は「図形」は平面、立体を問わず必ず1題出題されています。「特殊算」の出題が多いことも特徴的です。全体的には基礎力を見る出題になっています。
国語 45分
100点
近年は長文2~3問と知識問題が1問という構成になっています。扱われる文章は物語文と説明文に詩がよく取り上げられています。設問は空欄補充や語彙や文の一部を問うものが多いことも特徴的です。知識問題では、熟語、ことわざ・慣用句が毎年のように出題されています。
理科 40分
50点
大問4~5問の構成で4分野からまんべんなく出題されています。天体に関する出題が多いことが特徴的です。実験・観察を扱った出題が多く、実験結果をもとに計算するものや、グラフの読み取り・記入の問題も出題されています。内容的には基礎中心ですが、時間が短いのでスピードが必要な問題です。
社会 40分
50点
大問3問の設定です。各分野からまんべんなく出題されています。形式は記号選択、語句記入が中心ですが、表やグラフの読み取りや地図を見ながら答えるものも出題されています。時事問題の出題もあります。理科同様時間が短く、スピードが必要な問題です。

東京都市大付属中合格へのポイントは?

算数が高得点勝負 計算小問の出来が高得点のポイント

東京都市大付属中の算数は、典型題中心のオーソドックスな問題になっています。計算一行問題の配点は4割程度ですが、応用問題にそれほど難問が多くなく、小問の出来で得点差がついているようです。小問の難度は高くはないですが、様々な分野より出題されていて、ややボリュームのある構成になっています。攻略のためにはスピードと処理能力が必要です。

国語は独特の出題パターン 「詩」への対応が必要

東京都市大付属中の国語は、毎年のように「詩」の出題があることが大きな特徴です。女子校にはよく見られる「詩」の出題ですが、男子校ではあまり類を見ない傾向で、注意を要します。熟語やことわざ・慣用句等の知識問題とあわせて、過去問を含めたきちんとした対策が必要な部分です。

理社は時間勝負 スピードと処理能力が必要

東京都市大付属中の理社は、あわせて45分の制限時間という時間の短さが最大のポイントになります。内容的には基礎が中心ですが、かなりのスピードが必要なものになっています。得意分野を先に取り掛かることや、1問1答式の訓練をしておくことが有効といえます。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)東京都市大学 付属中学校・高等学校(とうきょうとしだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒157-8560 東京都世田谷区成城1-13-1 03-3415-0104)
ホームページhttp://www.tcu-jsh.ed.jp/

学校情報の詳細はこちら