逗子開成中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
150点
大問5問程度で、Ⅰは計算、Ⅱが小問、後半は応用問題の構成です。小問では「割合と比」「特殊算」「図形」、応用問題では「図形」「数の性質」「規則性」に関する問題が頻出しています。特に「図形」では移動、回転体、切断等複雑なものが出題されています。途中の式や考え方の記入が必要な問題も数問あります。
国語 50分
150点
例年漢字の読み書きと知識問題に長文読解2問というパターンです。知識問題では慣用句、ことわざ、四字熟語、文学史などが出題されます。長文は説明文、随筆が多めで、物語文が少ないことが特徴的です。記述がやや多いことも特徴で、50字程度で自分の言葉で説明するものもあります。
理科 40分
100点
大問4問で各分野よりまんべんなく出題されています。計算問題が多いことが特徴的です。実験や観察に基づいた出題が多く、理由の記述やグラフの読み取り・完成なども頻出しています。難度も高めで、理科的な思考力が重視された問題になっています。
社会 40分
100点
近年は大問1問の総合問題形式を取っています。ひとつのテーマに沿って長いリード文に図表や統計資料等が与えられ、テーマを深く掘り下げていくような独自の形式を取っています。設問形式も記述や図表の完成等多彩な出題がされます。問題量も多く、難度の高いものといえます。

逗子開成中合格へのポイントは?

4科目とも本格的な出題 実力勝負の入試スタイル

逗子開成中は、元々開成中学の分校として設立された学校です。2004年より高校募集を停止して完全な中高一貫校となり、それ以後は、東大や東工大をはじめとした国公立大学や早慶上智の難関私立大の進学実績を飛躍的に伸ばしている学校です。入試問題も、難関進学校として、妥協のない真の実力を見る本格的な出題になっています。特に理社には、力を入れた独特な出題が多いです。

算数は「図形」中心の出題 「数の性質」「規則性」「場合の数」も頻出傾向

逗子開成中の算数は、「図形」分野の出題が目立つことが大きな特徴です。応用問題のみでなく、小問にも図形問題が多く出されています。他の難関校で以前に出題されたような問題が多いので、それらを幅広く当たっていくことが有効な対策になります。図形以外では、「規則性」「数の性質」が頻出していて、傾向がはっきりしていますので、過去問対策が有効です。

国語は記述が勝負を分ける

逗子開成中の国語は、記述式の設問が多いことが特徴的です。要旨や内容を自分の言葉でまとめるものが多く、表現力というよりは、論理的に説明する力を問うものになっています。要約の訓練が有効な対策といえます。知識問題の比重が高いことや、学的な文章よりも論理的な文章の出題が多いことも留意して対策を取るとよいでしょう。

理科は計算問題、社会はテーマ問題への対応力が必要

逗子開成中の入試は4科目均等の配点で、理社にもかなり力が入れられた問題になっています。質量ともに高いものがあり、知識のみではない総合的な力が要求されています。理科は計算問題が大きなウェイトを占めています。社会はテーマ問題で、長いリード文への慣れが必要なものになっています。

学校情報

学校名(かな)逗子開成中学校・高等学校(ずしかいせいちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒249-8510 神奈川県逗子市新宿2-5-1 046-871-2062)
ホームページhttp://www.zushi-kaisei.ac.jp/

学校情報の詳細はこちら