巣鴨中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
例年大問5問で形式や出題パターンがほぼ決まっています。Ⅰは「規則性」「整数問題」、Ⅱ、Ⅲで「速さ」や「数に関する問題」、Ⅳが「平面図形」、Ⅴが「立体図形」となっていて、計算や小問はありません。解答には全て途中式の記入が要求されます。後半の立体図形の問題ではかなりの難問が出題されています。またⅡ、Ⅲに手のかかる問題が出題されることが多く、注意を要するものになっています。
国語 50分
100点
例年漢字と長文読解が2問で、論説・説明文と随筆の1題ずつの出題で、物語文等文学的な文章の出題がないこと大きな特徴です。素材文に小学生にとってはかなり難解なものが取り上げられます。形式は記述が中心で、「本文中の言葉を用いて」答えるものが多く、自分の考えが問われたりする本格的なものになっています。
理科 30分
50点
大問4問の構成で各分野からまんべんなく出題されます。物理・科学分野の計算問題は難度の高いものが出題されます。形式はほとんどが記号選択、用語・数値記入ですが、図表やグラフを基にして分析する記述もあります。毎年新しいテーマが扱われることが多く、時事的なものも多く取り入れられる傾向にあります。
社会 30分
50点
例年大問3問の構成で、地理・歴史・政治の各分野から1題の構成になっています。形式は正誤を中心とした記号選択が多いことが特徴的です。かなり幅広く細かい知識がないと対応できないようなものが多く、その知識を使いこなす力も必要とされます。

巣鴨中合格へのポイントは?

算数と国語が勝負を分ける 正統派の入試

巣鴨中の入試問題は、校風同様硬派で本格的な出題が目立ちます。入試テクニックだけでは太刀打ちできないような真の学力が問われています。図形を中心として難度の高い算数、難解な文章が扱われる国語、巣鴨中が要求する生徒を選抜するための妥協のない出題です。算国の出来が合否を分けているといえる、正統派の入試スタイルとなっています。

難問揃いの算数 問題の「骨っぽさ」は群を抜き、真の実力勝負に

巣鴨中の算数は、以前ほどは超難問がなくなったとはいえ、立体図形を中心に「骨っぽい」難問が出題されています。Ⅱ、Ⅲの規則性の問題などでも、かなりの作業を必要とする問題もあり、得点差のつきやすい箇所になっています。また、以前に出たような問題は出ず、毎年新傾向の出題があるので、過去問対策というより幅広く難問に当たっていくことが重要です。

算数は戦略が必要 得意分野を作って合格ラインへ

難問揃いの巣鴨中の算数ですが、高得点勝負ではありません。誰もが得点できる典型題を落とさずに取って、あとは実力勝負。図形や規則性、数の性質等の頻出分野のどれかを得意分野にして、難度の高い問題で得点し他の受験生と差をつけることが重要です。

国語は難解な文章対策を

巣鴨中の国語では語彙も内容的にもかなり難解な説明文が出題されます。文化や宗教、哲学、自然科学といったテーマが扱われます。子供向けのものでない新書や論文といったものに多く触れるようにして、難解な文章に対する免疫をつけておくことが有効な手段です。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)巣鴨中学校・巣鴨高等学校(すがもちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒170-0012 東京都豊島区上池袋1-21-1 03-3918-5311)
ホームページhttps://www.sugamo.ed.jp/index

学校情報の詳細はこちら