立教池袋中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
大問8~10問の設定で問題数が多いことが特徴的です。Ⅰは計算問題、その後は応用問題の大問で、単元的には「割合と比」「速さ」「図形」に関する問題が頻出です。問題難度はそれほど高くなく、典型題が多く出題されていますが、特殊算は多少ひねった問題が出題されます。途中計算が複雑なものが多いことも特徴の一つに挙げられます。
国語 50分
100点
例年大問5問前後の設定で、文章問題が3~4題、文法や漢字などの知識問題が1、2題の構成です。詩、短歌、俳句等の韻文の出題が多いことが特徴的です。立教中の生徒の自作の詩が題材として取り入れられたりするユニークなものです。逆に説明文や論説文等はあまり出題されない傾向にあります。形式的には記号選択と抜き出し式がほとんどです。
理科 30分
50点
大問6~8問の構成で4分野からまんべんなく出題されています。内容的には基礎的なものがほとんどで、実験・観察を基にした設問が多いです。解答形式は記号選択が中心ですが、語句や数値計算の出題もあります。物理・化学分野の計算問題は意外に難しいものがあり、注意が必要です。
社会 30分
50点
例年大問3問の設定です。分野的なバラつきは少ないです。解答形式は語句記入、記号選択がほとんどですが、グラフや図表を読み取って、それについて記述する問題が例年出題されます。細かい知識というよりも、総合的な力が問われています。

立教池袋中合格へのポイントは?

算数が合否の分かれ目、高い処理能力と正確性がポイント

立教池袋中の算数は大問、設問ともに数が多く、独特のスタイルをとっています。後半には多少難度の高い問題もありますが、前半は計算問題と典型題が多く、そこで確実に得点を積み上げていくことがポイントになります。パターンをきちんと身につけて、「素早く判断し」「ミスなく」処理していくことが高得点への秘訣です。

やや癖やひねりのある算数の出題には要注意

典型題中心の算数の出題ですが、途中の計算がやや煩雑だったり、問題文の意味が取りにくかったりするものが比較的多いです。そういった問題で、試験中に躓いてしまって、かなりの時間を取られてしまうといったことがよくあります。スピードだけでなく、きちんと問題文を読んで冷静に対処できるように訓練しておく必要があるといえます。

特徴的な国語の出題「詩・短歌・俳句」韻文の対策を

立教池袋中の国語は、恒例になっている「本校生徒作品」をはじめとしてユニークな設定になっています。生徒自作の詩についての出題も特徴的ですが、「随筆」の問題は内容自体が小学生にわかりにくい内容のものが多く対策が必要なものです。設問自体も変わった視点から問われることが多いもので慣れを要します。また言葉の意味を問う出題も多いです。入念な過去問対策が必要な問題といえましょう。

意表をついた出題が多い理科も要注意

立教池袋中の入試問題はどの科目も「簡単そうに見えて意外にてこずる」というものです。受験生の意表をついた出題や見かけと違ってやりにくさを感じる出題が多く、偏差値の逆転現象が起こりやすいところです。理科の計算問題は特に注意を要します。問題の取捨選択も含めて臨機応変な対応力が必要になります。

学校情報

学校名(かな)立教池袋中学校・高等学校(りっきょういけぶくろちゅうがっこう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-16-5 03-3985-2707)
ホームページhttp://ikebukuro.rikkyo.ac.jp/

学校情報の詳細はこちら