法政大学第二中学校

入試対策のポイント

時間/配点出題傾向
算数 50分
100点
例年大問6問の設定で、Ⅰは計算、Ⅱが一行小問、以降が応用問題の構成です。応用問題は「図形」中心の出題で、立体図形の求積、相似、動点などが頻出しています。その他では速さに関する「特殊算」の出題が多いです。問題難度は標準的なもので、基礎力を見る出題になっています。
国語 50分
100点
漢字の読み書きと熟語等の知識問題と長文2問の構成です。長文は物語文と説明文の1題ずつの出題です。設問では脱文、語句補充の形式が多いことが特徴的です。他では記号選択、書き抜きがほとんどですが、60字程度の記述も見られます。
理科 40分
75点
大問4~5問の構成で4分野からまんべんなく出題されています。基礎知識を基にして、事象の原因や結果を考えさせる思考力が必要な問題になっています。時事的なものを題材にした出題も見られます。設問形式は記号選択、語句記入中心で、計算問題は少ない傾向にあります。
社会 40分
75点
大問3~4問の設定です。各分野からまんべんなく出題されていますが、政治分野の比重がやや高めであることが特徴的です。分野の総合問題形式をとることもあります。政治では憲法、国連等の出題が目立ちます。形式は記号選択、用語記入が中心ですが、1、2行の文章記述もあります。

法政二中合格へのポイントは?

算数が頻出単元の強化で高得点を狙える

法政二中の算数は、典型題中心のオーソドックスな問題になっています。応用問題では「相似」「立体図形の求積」「速さの特殊算」が頻出しています。やや複雑な計算が必要なものもありますが、特に癖のある出題ではないので、時間的な余裕があれば何とか解ききることができるものです。これらの頻出単元の対策次第でかなりの高得点を見込むことができます。

国語は脱文・適語補充問題がポイント

法政二中の国語は、脱文・適語補充の設問形式が多いことが特徴的です。特に脱文補充は慣れを要するもので、過去問しっかりと対策しておくことが必要です。また、選択肢の問題にも間違いやすいものが多く含まれていることにも注意が必要です。

合格体験記

学校情報

学校名(かな)法政大学第二中・高等学校(ほうせいだいがくだいにちゅう・こうとうがっこう)
住所(電話)〒211-0031 神奈川県川崎市中原区木月大町6-1 044-711-4321)
ホームページhttp://www.hosei2.ed.jp/

学校情報の詳細はこちら