サピックスの席順はどう決まる?席替えの意味は?

サピックスの席順はどう決まる?席替えの意味は?

成績順でクラス分けをすることで知られているサピックスですが、クラス内での席順はどうなっているのでしょうか。成績順なのかそうではないのか、席順に何か意味があるのか、気になっているという親御さんも多いことと思います。そこで、サピックスのクラス分けや席順について、まとめてみました。ぜひ参考にして、疑問を解消してください。

サピックスのクラス替え

はじめに、サピックスのクラス替えについて確認しておきましょう。
サピックスでは成績順にクラス分けをしますが、その判断基準となるテストが、ふたつあります。

ひとつは、入塾を希望する子どもの入塾テストも兼ねて日曜日や祝日に行われる「組分けテスト」です。年に2~3回実施されるテストで、学年により多少回数が変わります。
子どもの現在の実力を確認するテストと位置づけられ、特に出題範囲は設けられていません。つまり、それまで学んだ範囲すべてから出題されると考えて差し支えないといえます。
ただし、新規で入塾を希望するお子さんも受けることをふまえ、サピックスで学習したことであっても、小学校で教わっていないような内容まで出題されることはありません。

もうひとつのテストは、月に1度実施される「マンスリー確認テスト」といい、その月に学習した内容を把握できているか否かを確認するためのテストです。そのため、出題範囲も当月の学習内容に限定されています。

次に、サピックスのコース分けについて簡単に確認しておきましょう。
サピックスでは、最上位のαコースとそれ以外のコースを設定し、校舎ごとに通塾する人数により、それぞれのコースの中で調整しながらクラス分けをしています。つまり、αコースの中に4つのクラスがある校舎もあれば、2つのクラスで運営する校舎もありますし、全体のクラス数が10程度の校舎もあれば、20を上回る校舎もあるということです。

このクラス編成が成績順のシステムになっています。つまり、通う子どもたちは、毎月、クラスが上がったり下がったり、場合によっては変わらなかったりということを体験することになるのです。ただし、「組分けテスト」と「マンスリー確認テスト」では、クラスの昇降のルールに少しだけ違いがあります。その点も確認しておきましょう。

「組分けテスト」は、クラスの昇降幅に制限がありません。つまり、15のクラスを設けている校舎の場合、いちばん上のクラスからいちばん下の15番目のクラスに落ちる可能性もあるということになります。実際にこのようなケースはないとはいえ、非常にシビアな世界です。

一方の「マンスリー確認テスト」では、クラスの昇降幅に制限が設けられています。これは各校舎が設定しているコース数にもよるのですが、コース数の少ない校舎では昇級も降級も1コースまで。しかし、校舎が設定しているコース数によっては、昇級・降級2コース、もしくはそれ以上となります。

サピックスの席順はどう決まるのか

成績順のクラスの中で、席順はどのようになっているのでしょうか。
先に答えを言ってしまうと、基本的には成績と席順に関係はありません。お子さんの視力によっては席位置によって黒板の文字が読みにくいこともあるので、そのようなときは講師に相談すれば対処してもらうこともできます。

とはいえ、校舎によって方針が異なることもあるようです。特に6年生では、デイリーチェック、デイリーサポートなど授業で扱った問題もすべて点数化する「授業点」というシステムが導入され、クラス替えに影響するともいわれています。
そういった事情もふまえると、クラス替えや席順のことが気になる場合は、講師に確認するのが確実といえそうです。

難関校SS特訓では席順が変わる

6年生の9月からは、難関校SS(サンデーサピックス)特訓という授業が日曜日に実施されるようになります。実は、この特訓コースは席順が成績順になるので、ぜひ覚えておいてください。

特訓コースの特徴は、志望校別に分けられたクラスからひとつを選択し、さらに苦手な科目、集中して取り組みたい科目2科目を選択して取り組むことです。志望校の出題傾向を分析し、それに合った勉強をすることで、志望校合格を目指します。授業は、志望校クラス、選択した2科目の合計3回ですから、そのたびに席替えが行われるということです。
この授業を受けるか否かは任意ですが、難関校を目指すなら必須のコースとされ、席順の移動も子どもたちにとっては励み、刺激になっているようです。

席順が変わるメリット

クラスの昇降もそうですが、席順の移動があると、同じ目的を持つ仲間でありライバルとの競争意識があおられ、モチベーションアップにつながるメリットがあるといえます。お子さんの性格にもよりますが、アップダウンも楽しみのひとつとして勉強に励む、あるいは、絶対に席次を落としたくないから頑張って勉強するという効果が期待できるのではないでしょうか。

まとめ

サピックスでのクラス分けや席順については、お伝えした通りです。5年生までは基本的にクラスのアップダウンがあるのみですが、受験本番を迎える6年生になると、特別授業も増え、システムも変わってきます。ただ、細かいシステムは校舎によって異なることもあるので、気になることがある場合は、講師に直接確認してみましょう。そうすれば、安心して通わせることができます。

お問い合わせ・学習相談(無料)0120-21-5419 受付時間:10時から20時(祝日を除く月から金) 資料請求(無料):お問い合わせ・ご相談などもお気軽にどうぞ