中学受験で塾と家庭教師の併用は有効か?

塾と家庭教師の併用

中学受験を考えるお子さんの大多数は、受験に特化した塾に通います。さらに「塾だけでは心配」と、家庭教師をつけるご家庭があることも事実です。ここで気になるのが、その有効性ではないでしょうか。塾と家庭教師を併用すると費用がかかりますが、結果につながるのなら検討してみる価値はあるといえそうです。
この記事で、塾と家庭教師を併用する意義について考えてみましょう。

中学受験で塾に加えて家庭教師を併用するメリット

中学受験のために塾に通いながら、さらに家庭教師もつけることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

一人ひとりの状況に合わせたこまめな指導をしてくれる

塾は基本的に、先生ひとりが複数の子を受け持ちますが、家庭教師の場合は、一対一の関係で勉強を見てもらうことができます。これは、家庭教師の大きなメリットといえるでしょう。

塾に通うのは中学受験を目指す子どもたちですが、個性はそれぞれです。算数が苦手な子もいれば国語で伸び悩む子もいるでしょうし、集中力のある子もいれば、飽きっぽい子もいるでしょう。しかし、塾では、個別対応はできません。一方、家庭教師は一対一の関係ですから、個別対応が可能なのです。

例えば、テストで点数が取れない苦手科目だけを教えてもらう、塾の授業でわからないままにしてしまったところをフォローしてもらうなど、こちらの要望に沿った指導をお願いすることができます。

わからないことを聞きやすい

一対一の関係で勉強を教えてもらえる家庭教師には、わからないことを質問しやすいというメリットもあります。

もちろん塾でも理解できているかどうかの確認はしますが、内向的なお子さんの場合、自分から手を挙げられず、わからないままにしてしまうことも少なくないようです。また、複数人数をいっぺんに教える塾の場合、誰かがつまずいたからといって、その一人に寄り添うことは難しい面があります。

しかし、すぐそばに家庭教師がいてくれたら、内向的な子どもでも質問しやすいのではないでしょうか。子どもの側から何も言い出さなくても、指導のプロである家庭教師の側が、お子さんのつまずきに気づくこともあります。

モチベーションアップが期待できる

家庭教師は一対一の関係ですから、信頼関係を築くことで、受験勉強へのモチベーションがアップすることもメリットといえます。人間誰しも、努力や成果を認めてほしいし、ほめてほしいものです。家庭教師がすぐそばにいて、成績が上がったことや苦手を克服した努力をそのたびに認めてくれたら、さらなるやる気につながることでしょう。

中学受験で塾に加えて家庭教師を併用するデメリット

十分なメリットがあると考えられる塾と家庭教師の併用ですが、経済的な負担が増してしまうのは致し方のないところです。そのほか、デメリットとしては、次のようなことが考えられます。

自主学習の時間が減る

家庭教師に勉強を教わる分、自主学習の時間は減ってしまう可能性があります。中学受験では、受け身の勉強だけでなく、自ら学ぼうとする姿勢や意欲も大切です。

塾の授業をおろそかにしてしまう可能性がある

塾でわからないことがあっても家庭教師に教えてもらえるという安心感から、塾での授業に集中しなくなってしまう可能性も否定できません。受験に向けて、塾と家庭教師をどう位置づけるのか、お子さんと共通認識を持っておくことが大切です。

塾に加えて家庭教師をつけるかどうかを判断するポイント

塾に通い、さらに家庭教師もつけるか否か悩みは尽きないものですが、判断材料として、次のポイントについて考えてみましょう。

成績が伸び悩んでいる

塾に通い始めたからすぐに成績が伸びるというわけではありませんが、ある程度の期間通っているのに成績が伸びない、一定ラインには到達したものの、そこから上へは行けないなど、成績が思うように伸びないのであれば、家庭教師を検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

成績が伸び悩む背景には、塾での授業についていけていない、つまずいた箇所がそのままになっている、勉強に身が入っていないなど、何かしらの原因があるはずです。家庭教師はその原因を見極め、子どもに合った指導をしてくれます。

子どもの性格

お子さんが、内向的であったり集中力が途切れやすかったりというタイプの場合は、塾での勉強についていけないことが多いようです。その場合、家庭教師は有効といえます。
中学受験に特化した指導をしてくれるという塾のメリットと、子どもの個性に合わせて指導するという家庭教師のメリットの両方を生かしていきましょう。

苦手科目がある

どうしても点数が取れない苦手科目がある場合、家庭教師なら、その科目に特化して教えてもらうことができます。集団で勉強を進める塾のデメリットは、個別対応できないこと。そのデメリットを補うかたちで家庭教師をつけるという考え方です。苦手科目の克服は、やる気にもつながります。そうすれば、もともと得意だった科目にもいい影響が出るのではないでしょうか。

まとめ

お伝えしてきたように、中学受験で塾と家庭教師を併用することは、お子さんの性格や成績の状況によっては、有効といえます。ただし、信頼できる質の高い家庭教師に依頼することがポイントです。まずは体験授業を申し込み、実績や人柄、使命感はあるかなど、ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

ご連絡をお待ちしています!

首都圏で中学受験対策の家庭教師をご希望の方は、是非一度、代々木進学会にご連絡下さい。
お電話・メールどちらでもお問い合わせ頂けます。
講師一同、お待ちしております。

お問い合わせ・学習相談(無料)0120-21-5419 受付時間:10時から20時(祝日を除く月から金) 資料請求(無料):お問い合わせ・ご相談などもお気軽にどうぞ