夏休みの短縮対応で、中学受験にはどんな影響が出る?

夏休みの短縮対応で、中学受験にはどんな影響が出る?

新型コロナウイルスの影響で、全国の小学校が休校になっています。
ゴールデンウィーク明けも完全に休校が終わることはなく、各校で様々な工夫はしているものの授業が遅れるのは否めません。
そんな中、授業の遅れを取り戻すために夏休みを短縮するといわれていますが、それによって中学受験が受ける影響としては、どのようなものが考えられるでしょうか?

夏期講習はどうなる?

中学受験をする子どもたちにとって、夏休みというのは集中的に勉強することができる大切な時期です。
ほとんどの子どもは、塾の夏期講習に通うでしょう。
しかし、夏休みが短縮された場合はどうなるでしょうか?

夏休みがどのくらい短縮されるかは、まだ不明です。
また、地域によってもその期間は異なるでしょう。
しかし、現状で既に1ヵ月以上休校している所も多く、それ以上の休校になる可能性が高い以上、夏休みもほとんどなくなると思っていいでしょう。

例えば、例年であれば夏休みは1ヵ月以上となる地域が多いのですが、それが1週間になったとします。
その期間には、お盆も含まれる可能性は高いでしょう。

お盆を返上して夏期講習を実施したとしても、わずか1週間では例年通りとはいきません。
ただでさえ、夏期講習は集中して勉強する場なのに、それを4分の1の期間で同じようにすることは不可能でしょう。

夏期講習では間に合わない、となるとどうすればいいのでしょうか?
そんな時こそ、休校期間中の自宅学習が重要になります。
しかし、自宅学習に慣れていないと、空回りしてしまうのも事実です。

例えば、世の中には数多くの教材があります。
問題集や参考書などを見ても、どれがベストなのかを判断するのは困難でしょう。
かといって、目についたものを買い集めてやらせるというのは、問題があります。

学習範囲が限られている以上、同じ教科の問題集を何冊も買ったところでそれほど効果はありません。
むしろ、同じような問題を何度もやることになってしまい、子どものやる気がなくなってしまうかもしれません。

では、どうしたらいいのでしょうか?
こういう時は、専門家に頼るべきでしょう。
塾に行くか、家庭教師に来てもらって、どんな教材がいいのかを聞いてみるのです。

講師は、仕事柄様々な教材を目にします。
そのため、どのようなものがいいかというのはしっかりと把握して、参考にしているのです。
色々と探し回るより、聞いてしまったほうが効率もよく、間違いがないでしょう。

家庭学習への取り組み

これまで、家庭学習というと、学校や塾などの授業の予習や復習、あるいは宿題などを主にしている家庭も多いでしょう。
しかし、休校が続いて塾も普段通りには行えないことが多い現在は、家庭学習もこれまでのように受動的なものではなく、より能動的になる必要があるでしょう。

具体的には、自分で何を学ぶべきか、ということを自分で決めなくてはいけないのです。
しかし、これまでは問題が与えられていたのに、自分で問題を探すところから始めるとなると、勝手が違ってくるでしょう。
そこで、どうやって問題を探せばいいのか、ということを解説していきます。

問題を探すには、まず手元にある問題を解いてみるところから始めます。
その時、重要なのは問題の一つ一つで、解くまでの時間を計り、途中の式や考えなどを目もしていくことです。

間違えた問題は、苦手だということがわかるでしょう。
しかし、最終的に正解している問題でも、時間がかかっていたり途中で式を間違えることが多かったりしたものについては、見逃されてしまうことが多いのです。

また、間違うことがなくても、途中の計算式や考え方が遠回りになっていることもあります。
そういった問題でも、最小限の道のりで解くためにはどうしたらいいか、というのを考えることができます。

受験の本番では、問題を解く時間が限られています。
その中で、解けるけれども時間がかかってしまうような問題があると、それを解くために時間を消費して他の問題が間に合わなくなることがあります。

そうならないように、正解した問題でも無駄をなくし、素早く解けるように気を付けていかなくてはいけません。
新しい課題が少ない今こそ、一つ一つの問題に深く向き合っていくチャンスなのです。

すでに正解した問題も、もっと簡単に解ける方法はないのか、考えてみましょう。
新しい問題を解いていくのは、対応できる幅を広げる役に立ちます。
それに対して、一つの問題に何度も取り組むのは、対応のスピードを上げる効果があるのです。

どちらもおろそかにしていいものではないので、バランスよく取り組んでいくようにしましょう。

長期休みはあてにしないほうがいい

今は、夏休みの短縮が心配されていますが、現状を見ると先行きがどうなるかは不透明といわざるを得ません。
このままだと、冬休みにも影響が出る可能性もあります。

冬休みは、ただでさえ夏休みよりも短いものです。
もし、冬休みも短縮されてしまうことがあれば、受験直前の追い込みとなる冬期講習さえもあてになりません。

その時になって慌てないようにするにはどうするべきでしょうか?
それは、事前に何があってもいいように、今から勉強のペースを上げていくことが大切です。

夏期講習や冬期講習など、長期休みの間だけ塾を受講するという方もいるでしょう。
しかし、現状では講習が行われるかどうか、わかりません。
講習がなかった時に備えて、普段から塾に通うようにしたほうがいいでしょう。

ただし、普段から塾に通うとなると、どうしても送り迎えが大変という方や、夜遅くなってしまうことが多いので子どもがかわいそう、という方もいると思います。
そういった場合は、自宅で教わることができて、個々の事情に合わせることができる家庭教師も検討してみてください。

多くの生徒がまとまって授業を受ける一斉指導の塾に通っていると、苦手な分野などで理解が追い付かないまま先に進んでいることもあります。
そういったとき、家庭教師がいると、わからないところを集中的に教わることができるので、塾の授業に置いて行かれずに済むのです。

そのため、塾に通いながら家庭教師も利用しているという人もいます。
個別の事情に合わせて、教える内容を細かく調整できるというのも、家庭教師のメリットです。

新型コロナウイルスによって緊迫が続く現在の状況は、普段と全く異なる特別な状況です。
そんな中、子どもたちも不安に思うことが多く、精神的に負担がかかっていることも多いでしょう。

しかし、中学受験は一生に関わる問題にもなりかねません。
いくら普段通りではないとしても、その中で少しでも勉強を進めていく必要があります。
そのためには、なるべく安心できる状況で勉強する、ということも大切になるのです。

自宅にいながら勉強を教わることができるのが、家庭教師のメリットです。
こんな時だからこそ、塾だけではなく家庭教師の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

新型コロナウイルスは、ほとんどの人の生活に大きな影響を与えています。
その中でも、学校が休校になってしまった小学生にとっては、不安も大きくストレスとなることも多いでしょう。
この状況で勉強を進めていくには、今まで通りというわけにもいきません。
こんな時だからこそ、普段とは違う取り組みが大切になるのです。
長期休みがあてにならない今、普段からの勉強のやり方を見直してみましょう。

東京都で中学受験対策の家庭教師をご希望の方は、是非一度、代々木進学会にご連絡下さい。
お電話・メールどちらでもお問い合わせ頂けます。
講師一同、お待ちしております。

お問い合わせ・学習相談(無料)0120-21-5419 受付時間:10時から20時(祝日を除く月から金) 資料請求(無料):お問い合わせ・ご相談などもお気軽にどうぞ